スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水曜どうでしょう うろ覚え 第二夜 「『水曜どうでしょう』の魔力!?(7035)」

 blogに載せた災害関連情報、応援メッセージなどのリンクを
 まとめたフリーページをトップ、ホームにリンクしました。
  少ないですが お役にたてれば m(_ _)m


北海道では 無事と言うか”軍団”の意地というか
 今週(16日)もしっかり放映された「水曜どうでしょう」

 オンデマンドは今週3月17日に配信できなかったそうですが
 「第三夜」は、来週3月24日に配信決定と公式サイトに!!


以降 ネタばれありです。 
   でも第二夜はうろおぼえ


 第二夜(3月9日放送分) 
  スタートから一日目で目的地は箱根(だったと思う)
 メモ見てももうあんまり思い出せない

  ひたすらカブで走るお二人
  それをおいかけるスタッフの車

 ただただ町中を走っていると

 藤村D(たぶん) 「暇だな」とぽつり
  (あなたがそれを~)

 しまいには 新スタッフ(カメラマン)まで 
     「や~暇っすね」(たぶん)

 「熱いから、(車から)降りたくない」
        という藤村Dの英断のもと(わがままだな~)
   (そして昼食のとき、一人飲んだそうな) 

  小田原城もおがまず、
  ビルの谷間に ちらっとのしょうもないショット

 ”どうでしょう”のカメラマンは 
  名所もその程度の撮りでよいそうな (by大泉さん 多分)

 その程度の”名所撮り” をこれまでしてきた嬉野先生

   「退屈だな」  (あなたまで、、)

 そうして そ~んな退屈な(プッ) 道行きを
   黙々と ああ~黙々と 走る お二人

 藤村D 「昼メシ 食べて眠くなってんじゃないよ」 

 大泉氏 「、、、、、おおっと 睡魔がおそってきますね~ 
           今ちょっとあぶなかったですよ」

 すると藤村D いっきなり 弥太郎@龍馬伝が憑依して

 「嘉永^年」とか
「文久^年」 (弥太郎口調)と

  やさしく、そしてやかましく

 歩く(歩かずに車に乗ってるけど)アラームクロックに大変身!

  でも 藤村D 弥太郎@香川照之氏のもの真似 似てる~

 藤村D「どうだ これアラームクロックにして売るか」

 、、、発売されたら どうしよう、、

 そばの出前機を背負わされているミスターは
 いつにもまして 寡黙 「、、、、、」

 でもついに愚痴が 「これつらいな~」(うろ覚え)

本当にとっても重そうで心配です(本気)

 無事お宿にとうちゃ~く

 大泉氏 → 泥酔

  浴衣をはだけ 床の間の柱に張り手スタート!

 それをほっといては ”軍団長?”の名がすたるのか?

 藤村D   張り手に 参戦

 ふたりで 「パチン」「ばちん」と張り手の応酬

 張り手に疲れ果てた後は

 大泉氏の 
 腹鼓オンリー(画をいれないで音のみ収録するそうな)に
   耳を傾けつつ 第一夜の夜はふけていきました、、

 ちゃんちゃん 

  水曜どうでしょう official site にて 震災後 
 藤村Dと嬉野Dが交代で日記をアップしています。

 本当に深く傷ついて、そしてみんなで助け合っていこうと
 しているこの時

 「はずかしながらながいことやってます」と
  いいきることのできる男達が

 なにを考え どう行動し 
 そして どんなときでも ”笑って”こうぜと
 はげまされますよ~

  (ちょっと美化しすぎたかな 
    でも げんきがでる!)
 

 
スポンサーサイト

「水曜どうでしょう」最新作スタート! 「どんなテレビを見ました?(272570)」

昨夜テレビをみていたら
 CMで「今夜”水曜どうでしょう”新作スタート」と

 おお~録画予約せねば~

と予約画面をチェックすると

 すでにがチェックしておいてくれました。

 出発地点は 
東京都某所  羽田空港近く

 今回の旅の行き先は~

 海外か はたまた~ ということで

以下ネタバレで 来週から放送はじまる地方の方は
 どうぞ U ターンを



 さて今回の旅

 地味に国内

 しか~し N◯◯の大河ドラマにも出演した
 大物俳優にふさわしい場を
 ていうのかどうかしりませんが、、

 OPの大泉・鈴井両氏のコスプレが
 物語っていたように

 目的地は土佐、高知の桂浜

 移動手段、、、、、、

 スーパーカブ
   たぶんこんなん

    カブ.jpg

 これで横浜~関西~四国と
  約一週間(収録は去年の7月末)めぐるそうで

 大泉氏のまあ~ 嫌そうな顔に大爆笑

 「立派な役者になって~ 本当に」などなど
  持ち上げながら 昔と何一つ変わらない
  過酷企画を平気の平左で ぬけぬけと語る藤村Dの
  だみ声に懐かしさを感じ

 その横でにっこり淡々とたたずんでいる鈴井氏には
 「大人だな~」とうっとり

 ていうか 鈴井さん(48歳) いっちばんきついんじゃ
 なかろうかと 心配しておりました。  

しばらくは また水曜の夜のお楽しみが続きそうです!

 水曜どうでしょうofficial site

たった独りの引き揚げ隊 10歳の少年、満州1000キロを征く 「今日どんな本をよみましたか?(197235)」


私がこのフィクションについて知ったのは
新聞の書評欄: (引用)

~少年の名は、ビクトル。
 日本人の父と亡命ロシア人の母を持ち」
 <追いつめられても途方に暮れない>コサックの血をひく。
 後に、ビクトル古賀と名のった彼は、柔道とレスリングを融合
 した格闘技・サンボの世界チャンピオンとなり、あの山下泰裕
 も指導したという。
  格闘技の帝王と呼ばれた彼が、
「人生でいちばん輝いていたのは十歳だった」と語る
              満州からの引き上げ単独行~

 ハルビン~新京~奉天~錦州 一千キロの荒野の道のりを
 10歳の子どもがたった独りで歩き通した実話

 満州引き揚げとなると 聞きかじる程度でも
 その凄惨で死にものぐるいの帰還行を
 思い浮かべますが
 彼が語る「人生でいちばん輝いていたのは十歳だった」という
 言葉に強く惹かれその書評を切り抜いてしばらく
 もっていましたが
  久々に図書館蔵書で検索をかけると
 (今年の春はまだ購入されてませんでした)
 ヒットしたのでさっそく借りてきました。

 彼、10歳のビクトルはロシア人と日本人との
 混血ということで引き揚げ列車から引きずり
 おろされ たった独りで歩き続けるはめに
 陥りますが 苦難を乗り越えるため
 
 日本人の毛皮商とコサックの末裔の娘の間に
 生まれコサックとして学び、培った知恵を
 酷使して ひたすら歩き、食べ物をみつけ
 安全な場所を嗅ぎ分けて野宿し、
 人の恵みをうけ、時に暴徒による日本人引揚者の
 虐殺の現場を目にしたり
 死体から身につける物をはぎとり
 目的地を目指してすすんでいきます。

しかしビクトル古賀氏が語るのは
 決して陰惨なばかりの物語ではなく
 どんな窮地におちいっても生き抜いて
 いく知恵をさずけられた小さなコサックの
 生き様の力強さと痛快さ 
 
 朝 野宿から目覚めて生きていることに
 「神様ありがとう」と深く感謝し
 死者から靴や持ち物をはぎとるときは
 「これで日本に帰らせていただきます。
    どうぞ許して下さい」と
必ず十字をきって深く謝罪をし、
歩をすすめる生き抜き、
生かされることに対する深い感謝を
 忘れない 生き生きとしたたくましさに
               輝いています。

 また同時に
 ソ連軍のハルビン進行まえの 満州国の様子
 ロシア革命に翻弄されたコサック民族が
 その騎馬隊の辣腕振りを買われ
 満州国において ソ蓮軍侵入時の盾として
 極秘に部隊を組んでいたことなど
 当時の様子を鮮やかに描かれていることも
 大変興味深いです。


たった独りの引き揚げ隊

たった独りの引き揚げ隊

価格:1,680円(税込、送料別)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
一九四五年、満州。少年はたった独りで死と隣り合わせの曠野へ踏み出した!四一連戦すべて一本勝ち。格闘技で生ける伝説となり、山下泰裕を指導するなど、日本柔道界・アマレス界にも大きな影響を与えた男・ビクトル古賀。コサックの血を引く男は「俺が人生でいちばん輝いていたのは一〇歳だった」という。個人史と昭和史、そしてコサックの時代史が重なる最後の男が命がけで運んだ、満州の失われた物語。

【目次】(「BOOK」データベースより)
序章/第1章 ハイラル最後の日/第2章 コサック最後の少年/第3章 ハルビンの孤独な日々/第4章 追い払われて/第5章 満州一〇〇〇キロ、独り歩き/終章 「古賀正一」から「ビクトル古賀」へ/番外編 コサックの流転、ラーパルジン一族の物語
プロフィール

Lake Moraine

Author:Lake Moraine
Lake Moraine Book Cafe へようこそ!
タイトルのLake Moraine(モレーン湖)は20ドル札の絵柄にも使われているカナディアンロッキーにある美しい湖からとりました。
お気に入りの場所でゆったりとくつろいで好きな作品の話を楽しんでもらえたら嬉しいです。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
My Booklog
レビュー間に合わない分はここに!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。