スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帯広紅葉堪能の旅

水、木曜日と昔のお仕事仲間と一緒に
帯広に一泊旅行に行ってきました♪

朝、札幌から特急で池田町まで足を伸ばし
池田ワイン城に到着

池田町

正直あまりの寒々しい外観にびっくり!

ワイン城の手前には

DCTgarden.jpg

D(ream)C(omes)T(rue) Garden Ikedaが鎮座していました。
太陽光を入れないためにロールカーテンをおろしているので
てっきり閉館日なのだと思っていたら、中のスタッフさんが
手招きしてくれて、無事開館中なのが判明
帯広出身の吉田美和さんの舞台衣装が真空状態で
絵画のようにストックされているのにびっくりしました。
右下の写真がその状態です。←公式HPより拝借

宿泊はホテル太平原へ温泉につかりゆったり

二日目は柳月スウィートピア・ガーデンに
柳月

まあ、工場を観光スポット仕様に変えたところなので
ただお菓子買うだけに遠路はるばるっていうのが
正直な感想でしたが、工場内見学ができて
柳月の代名詞バームクーヘン三方六の白樺模様の
チョコを人が直接かけているのには感動しました!
愛らしいお茶の席はお菓子のデコパージュです。

お昼は「帯広行くなら豚丼食べなきゃ!」と
みんな家族に言われて来たのでお昼は
帯広名物『豚丼』をいただきました。

ちなみに銀の匙Silver Spoonの舞台も帯広!

道産子ですが観光地でむっとすることも
多いのが悲しい北海道の観光業
でも、帯広ではどこ行っても気持ちよく
おもてなししてもらってご機嫌でした!
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

日帰り室蘭夜景観賞の旅

ボランティアのお仲間とともに26日に
 室蘭の夜景鑑賞の旅に出かけていきました。

札幌から行きはJRすすらん特急、帰りは特急北斗と
久々のJR特急乗車ですいていたのにも幸いして
楽しい列車旅となりました。

午後出発して午後3時半室蘭に到着!
まずはカフェを探して喉をうるおし
 
  • 室蘭プチ旅行1.jpg


暗くなって夜景バスに乗り込む前に腹ごしらえ!

  • 室蘭プチ旅行2.jpg
  • 室蘭プチ旅行3.jpg


もちろん、室蘭やきとりです!
 えっ焼き鳥なのに なぜぶたちゃんのイラストなの? と気になるお方は
こちらをどうぞ 室蘭やきとりのルーツ

私も豚肉をやきとりと指すていうのはしっていましたが、
練りからしつけるというのは全然知らなくて
言われるままにつけて食べたら o(^-^)o
とっても美味しかったです!

おしゃべりしながら食べて飲んで、いや〜満足、満足と
うっかり帰りそうになりましたが、
本番はこれからっ!
室蘭夜景見学バスにのるために
  • 室蘭プチ旅行4.jpg


旧室蘭駅舎へGO
ここは明治45年に建造され道内の駅舎の中では
最古の木造建築物だそうで現在は観光案内所と
して使われているそうです。
中には小、中学生の絵が展示されていて、
その画力の素晴らしさに感嘆しておりました。

そして肝心の夜景なんですが iPhoneで撮ったのと
なんせカメラマンが へぼちゅうのへぼなんで
こんなんしか撮れませんでした。

  • 室蘭プチ旅行5.jpg
  • 室蘭プチ旅行6.jpg


我ながらあきれるほどの写真で申し訳ないので
こちらを

  • 白鳥大橋.jpg



白鳥大橋ですが、橋の高さがあるためか
手前に円を描いて橋にむかっているのが
とっても美しかったです。

このバスツアーは室蘭市の観光課が主催していて
アットホームで室蘭市への愛情が一杯つまった
楽しい道中でした。
ご興味惹かれた方は 室蘭夜景見学バス

テーマ : 日帰りお出かけ
ジャンル : 旅行

アルファトマムリゾート 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155005)」

まだ たらたら 続く 旅行の話

というか トマムリゾートに関しては

昔とかわらず なんにもないな~と

ゴルフだのアウトドアや 泳ぐくらいしか

ないんですよね ここ

じゃ なんで来たかというと

、、、スイートルームというやつに
 一度 泊まってみたくって

 ペットも可能なんで選びました

まあ 会社の福利厚生の援助を
 去年使いきれずにためてたのが大きかったです
   宿泊費 全額補填

(サービスはないに等しいんですが
  スイートルームの料金としては破格なんです)

ガレリア2.jpg

    ガレリア タワースイートホテル

 いや~ 広かったです。

スゥイート主寝室.jpg

 真ん中奧が ドアで
左側奥には もう一部屋ベッドルームが
 ありましたが 使えずじまい

スゥイートリビング1.jpg

 リビングです

 スゥイートリビング2.jpg

 これは 上の写真の反対側で 
奥にみえるのが ジャグジー

ジャグジー空.jpg

 ジャグジー水はり.jpg

 手前左は サウナ と シャワールーム

 サウナ.jpg

 ワンコと一緒に入ろうかと思いましたが
   虐待になってしまうのでやめました。

洗面所.jpg

   洗面所もお洒落でした♪


 トイレは ゆうに畳一畳以上はあるってほどで

 近づくと センサーで蓋があくという
 びっくりもので さらに スイッチをおしても

 自動で開閉できたので 
   おもしろがって動画もとって遊んでました。

 
 にわかセレブ 気分でしたが

実際 なにやってたかというと

 幸いにも ロビーで 
備え付けのパソコンを 使えたので

 必死になって 

福岡までの 格安航空券を検索かけてました

庶民なんで 
正規料金往復11万円はとんでもありませんでした。

 (片道3万3000円を ゲット~)

然別湖~鹿追町 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155005)」

また間があいてしまいました。

旅行二日目  ホテルの朝食はバイキングで

相方
ホテル福原朝食2.jpg



ホテル福原朝食1.jpg


と 洋食、 和食と ものの見事にわかれてました。

このレストラン前のサロンにはホテルオーナーの
絵画のコレクションが一杯 地元作家を中心に
 北海道出身の有名どころや
カシニョール、ギアマン ビュッフェなど
 ”バブル”期 銘柄もあって なかなか楽しかったです。 

さらに 鹿追町に個人美術館があって 
宿泊者は入館料が半額ということもあり
その 美術館へ GO

福原記念館外観.jpg
   福原記念館

ガラス部分が喫茶室となっていて
   ここのコーヒーが
     とっても 美味しかったです。

福原記念館花.jpg

 雨の日の 花へのおもいやりが 
   こちらの心までなごませてくれました。

 
景観も大変 美しく 近所に住んでいたら
  間違いなくお気に入りのカフェとなっただろうと
   鹿追に住んでいる人たちをうらめしく思うほどです。

 収蔵品も ホテル内の美術館の作家陣に加え

 大家 岩橋永遠、田辺三重松の小品や
 地元 有名作家の神田日勝の作品が
  多く 多彩な手法に挑戦していたのに驚きました。


 そして そのまま 近くの

 神田日勝記念館

   大作が並んでいました。 
     (神田日勝の作品群については後日別に)
 
さらに 隣接する 町民ホールにいくと
   こんな可愛らしい お出迎え

 トリミング?.jpg

 さらに中に入ると  

麝香牛2.jpg

 ムスク→ 麝香牛の 剥製

  北海道の姉妹州である カナダのアルバータ州
    のさらに 鹿追町の姉妹都市からの贈り物だそうです。

 観光観光してはいなかったですが、
   ゆったり のんびり 過ごしているところに
  九州より 一報が入りまして

 一日猶予をもてたので 
   旅行日程をくずすことなく

 もう 一目散に トマムにむかいました~

呑気にしていたら♪ 「ちいさな旅~お散歩・日帰り・ちょっと1泊(155005)」

福岡行きやら なにやらは落ち着きましたが

色々やることがたまっていて
 なかなかblogがかけませんでしたが

ここらで仕切り直しを! (何を仕切る?)


今日は先日の旅行の 一日目について

天気が悪くて ゆったりもできない旅行でしたが
意地で撮った写真を少しずつアップしていきます。

 今回の旅行は 実は結婚十五周年記念だった訳ですが
 心配なのは ワンコ

ゆき昼寝.JPG

 と 去年は道東の方にいったので
 違う方角で ペットと泊まれるお宿♪ 希望ということで
行き着いたのが

 然別湖 でした♪ 

ホテル福原ラウンジ.jpg
  [ホテル屋上階のラウンジ 
    夜間はバーになり 営業時間外は一般開放♪]

道中 雨と霧が深く 一本道をひたすら走って
トンネルを抜けたら すっきり晴れ渡り光り輝く湖面

てなことにはならず どっしり霧でしたが
宿泊したホテルが なかなか 
 北海道のホテルにしては
    (まじ どうしようもない所が多いです)
対応がとってもきちんとしていて
 施設は古いですが 
   アメニティも色々気持ちがゆきわたっていて
非常に居心地がよかったです

朝 バイキングに向かう廊下で パネルが並んでいて
”ガイアの夜明け”でも取材受けたところだった模様♪

 お部屋は和室

ホテル和室.jpg

 エアコンじゃなく 扇風機を置いてあるのが
とっても 北海道です

 夕食は お部屋で♪
ホテル福原夕食1.jpg

 お品書きまで ついていて 
  左真ん中の”おしょろこまの塩焼き”は絶品でした

 愛犬 ゆっちがおりませんが しっかりと
 部屋の中を くんかくんかと
 臭いをかぎまわっておりました。


温泉でゆったりのんびり 過ごす前に

 広間にあった ◯◯で

 相方と 

  温泉卓球まで 堪能し

   景色は哀しかったけど 
    ゆっくりした時を堪能した 一日目でした

写すものがないので、、

然別湖という温泉に到着しましたが
雨であたり一面深い霧(^_^;)

ワンコにはやさしいドライブとなりましたが

アップしたくなるような
景色を眺めることもできず

夕食のお膳をアップ
写真が横になっているかもf^_^;

→ 写真入れ替えました。

  ホテル福原夕食2.jpg

とっても美味しかったですv(^-^)v


本日 しゅっぱ~つ! 「今日のこと★☆(676813)」


先週の火曜日以来 
(それまでは「梅雨もまじってるんですか?!」と
   いいたくなるような雨ばっかの寒い日々でした) 
   
あっつ~い夏日ともいえるような一週間だったのに
 今日は いきなり 曇天 雨がふりださないだけましかもしれません。

 そんな お天気の中 二泊ほど道内旅行に行ってきま~す。


     それゆえに
       
    
       

       

      ちょっ またなの


 「またです。」
 「おまいのために道内旅行ですませてんだよ!」

 と ペットホテルも考えたんですが 
夜中にぎゃんぎゃん騒がないかとか 挙動不審にならないかとか
こっちの方が落ち着かないので 今回も連れてくことにしました。

 よわい14才のばあさん犬 熟女犬
ちょっくら 和 の雰囲気でドレスアップしておでかけです。

     ゆきバンダナ.jpg

  暗かったんで 目がひかっちまいました。


昭和新山~洞爺湖 「国内旅行どこに行く?(230198)」

ものすんごく間延びをして いまさらなんですが
写真をPCに移してたので 旅行の残りを、、、

二日目は さっさと函館を後にして
 大沼公園によってから 洞爺湖へ

途中 こんなおもしろい道路の什器をみました。

ケエル.jpg

わかりましたか? カエルさんです。
工事中の道路横にずらりんと 
並んでいるケエルさん達は なかなかインパクトがありました。

オレンジ色のお猿さんたちも あったのですが
 ピンぼけしてしまいました。

遊覧船で湖めぐりをした大沼公園では
 驚きの記念碑が

千の風になって.jpg

だそうなんですが? 詳細については不明です。
どなたか ご存知でしたか?

 不気味な影が映り込んでますが 、、、相方でした

朝9時に出発したこともあって
 予想より早く洞爺湖にたどりついたので
昭和新山に足を伸ばしました。

 昭和新山.jpg

 (メタボなお腹はみなかったことに、、、

 名の通り 昭和18年に火山活動が始まり2年ほどで
隆起してできた 山です。
 こちらに隆起前と隆起後の貴重な写真が

小学校の修学旅行にここも含まれてたのですが
手前の緑の部分や木が生えている所

当時はゴロゴロ火山岩ばかりで草一つありませんでした。
おっきな軽石といった岩と火山灰の道
そんな足場の悪い所を えっさほいさと
登らさせられたものでしたが
2000年の有珠山の噴火後
緑化作業を行って土壌などにも
かなり手をいれた結果のようです。
さらに 昔はそうとう上まで登っていけたのですが
今はほとんど進んでいけません。

 そしてホテルへ ロビーが2階で
ペット可の客室は1階
テラスからは湖畔にそのまま 出れて

洞爺湖名物 毎夜の花火を
 ちょっと木が邪魔でしたが
部屋から堪能できました。
 
洞爺湖ホテル2.jpg

〆は やはり こやつで

洞爺湖ホテルゆっち

 えっと たぬきではありません!

 テーブルの下でクーカクーカと寝てたんで
写真にとろうとしたところ 
 デジカメの起動音に気がついて
いきなり 飛び出してきて
 ファインダー越しに 見ていた
私はびびりました。

函館 五稜郭タワー 「国内旅行どこに行く?(230198)」

旅行から帰ってきての体調不良 
即座に耳鼻科に駆け込んだだけあって
 口内炎と喉の痛みとのおさらばは結構速かったのですが

風邪の症状が抜けず 熱っぽいは
咳はでるわと
先週一週間 仕事のない時は
だらだら ずるずると 過ごしてました

blog巡りもできず失礼しました m(_ _)m

まだ時々咳がでますが 熱やら鼻水とはやっとおさらば

さて、しょうもないものですが 旅行のお話をば、、、

10月14日 高速使って一路 函館へ
 のんびり午前11時の出発で 4時頃には函館入り

五稜郭タワーに登りました。

  五稜郭タワー.jpg 

 五稜郭と言えば 戊辰戦争 
  戊辰戦争と言えば この方

土方像.jpg

 土方歳三像  

 私は幕末や新撰組などは勉強不足で
渡辺多恵子さんの「風光る」でお勉強中です (こらっ)

五稜郭タワー内は ジオラマがあり 
 激動の歴史をかいまみることができ 面白かったです。

そして ここにもあった ガチャポン
 幕末新撰組 ストラップ~

幕末新撰組ストラップ.jpg

 手に入れるなら 当然 土方さんだろうと 
    チャレンジ! (相方が)

一発で みごと 手中にしました

 下の方にくっついているのは 
 なんと 愛刀の太刀 兼定  
   このこだわり! 思わずにんまりしました。


せっかく 高い観覧料(840円)払ったのですから
 90m(2階展望室)の高さから 五稜郭を

五稜郭.jpg

 撮影の角度が悪くて 分かりづらいかもしれませんが
美しいとうっとりするほど くっきりはっきり 星形です!

 ど真ん中にある 白い建物は こちら

箱館奉行所復元工事.jpg

 なんと 箱館奉行所を 復元中だそうです。
完成したら 再度 訪れたいと思います。

 この後 一気に函館山に 直行して 夜景を見て参りましたが

廻りはもう 中国語の♪オンパレード♪
 右向いても左を向いても 団体さんばかりでした!

 そんなこんなで 無事 一泊目のホテルへ

 有名どころは ペット可の部屋が満室で
せんまいビジネスホテルに 

 ゆっちは 部屋をぐるぐると 廻り
普段 家では 気にもとめない 
 姿見に自分を映しては 興味しんしん

ドアの方に向かっては
 「ねえねえ 早く お家に帰りましょう」と催促状態

やっと落ち着いて

函館ホテル2.jpg

 こんなんでした。 

 夜中に枕の方まで やってきて
 顔をのぞかれること 5~6回  
 寝不足は こいつめも 一因となってました!

函館到着(=^▽^=)

本日函館に到着しましたp(^-^)q
写真は函館の夜景です(^_-)☆

携帯での更新は久々なので
写真のサイズが
ちょっと不安です。
同行している柴っこも
どこに居ていいのかおちつかなげです。
明日は大沼公園によって洞爺湖に落ち着きます

本日、湖畔巡り

本日は朝、函館を後にして
大沼公園を遊覧して
洞爺湖で一泊(*^_^*)
湖畔の花火を
堪能しました(*^ー^)ノ

写真は大沼公園です。
ワンコ付きの写真を
ねらったのですが
人の多さに怯え断念(-_-#)
柴犬なのにチキン根性でした(/_;)/~~

無事 帰還! 「今日のこと★☆(676813)」

本日 小旅行より帰って参りました

 不在中 コメントいただいたみなさま
  どうもありがとうございます。 m(_ _)m

昼過ぎに帰宅
 午後5時ー8時半 仕事に行って 
  少々バテ気味なので
   コメントのお返し、皆様の日記拝見は
     明日させていただきます。

みなさまのblog巡り 楽しみです
プロフィール

Lake Moraine

Author:Lake Moraine
Lake Moraine Book Cafe へようこそ!
タイトルのLake Moraine(モレーン湖)は20ドル札の絵柄にも使われているカナディアンロッキーにある美しい湖からとりました。
お気に入りの場所でゆったりとくつろいで好きな作品の話を楽しんでもらえたら嬉しいです。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
My Booklog
レビュー間に合わない分はここに!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。