スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 スタンリーのお弁当箱

WOWOW放映の録画を鑑賞

〜あらすじ〜
明るい性格でみんなから愛されるクラスの人気者の小学生スタンリー。けれども、よんどころない家庭の事情を抱えた彼は、学校に弁当を持ってこられず、お昼の時間になると、そっと教室を抜け出しては水道の水を飲んで空腹をしのいでいた。やがてそれに気付いた
同級生たちが、みんなで余ったおかずをスタンリーに分け与えるようになるが、意地悪な国語教師のヴァルマーが、弁当のない生徒は学校に来るな、と命じたことから…。


去年、王様のブランチで紹介されてたので
あらすじは理解していたつもりだったのですが、
上のあらすじにあるいじわるな教師の”いじわる”の
意味が想像していたのと全然違っていて
まずびっくりしました。

そしてエンディングで今作品での主題、
撮影手法の説明があり、さらに主人公スタンリーを
演じた男の子が実は、、、ということで
またもやびっくりして動画でインタビュー
見たりとか、色々考えることもできました。

結論としてはさほどの予備知識なく
鑑賞できてよかったと言えますが、
 小学校を舞台としているとはいえ
 インドの事情が分かっていないせいか
 話が見えない状態のところも多々あり
 場面によっては置いてきぼりとなる
 状態があったりと実に不思議な感覚でした。

作品の内容と撮影手法が主題に
がっちりと沿っているのか私的には
ちょっと首をかしげるところですが、

まず子供たちが可愛い!優しい!思いやりがある!
あらすじのとおり、”訳”があってお弁当をもって
これないスタンリーにまず、理由を聞きはしますが、
それ以上は深入りせずに「一緒に食べよう!」と
その一言!そして豪華なお弁当の子も少しの量の
お弁当の子も”一緒に”お弁当箱を並べてみんなで
楽しそうにお昼を食べている姿にはみてる
こっちも笑顔になってました。

  • スタンリーのお弁当.jpg


そして歌やお話がとても上手なスタンリーは
大好きな英語の先生のお誕生日を祝う詩と
歌を捧げたご褒美にもらった一枚の板チョコを
友達と一緒に”分け合い”ます。
友達たちも誇らしげにそして嬉しそうに
一片ずつかじって食べる姿には胸が熱く
なってきました。

分け合うことの気高さ、感謝の気持ちを
知っている子供たちに対して、
真逆の立場にあるのが前述の国語教師
ヴァルマー先生 
彼の”いじわる”はお弁当を持ってこれない
スタンリーに向けられていますが
その理由はただただ自分の欲を満たす
ためだけの自分勝手な理由で
映画ではその行動が嫌気をさすほどに
繰り返し流れてきます。
 その醜悪さは人と分かち合い、感謝し
思いやりをもつ心を失った姿なのかも

ここでちょっと気になったのが、舞台は
クリスチャン系の学校で、
授業はほとんどが英語で行われ、
この国語教師の授業だけ(当然ですが)ヒンズー語
そしてスタンリーは左利きでヴァルマーからは
きつい注意を受けますが、食事も左手で食べる
、、、ちょっと宗教的な比喩もあるのかなと
かんぐったりもしてました。

そしてインド訛り(当然)だけど
余裕でバイリンガル(ヒンズー語と英語)な
子供たちには嫉妬してました、わたくしorz


以下はちょっとネタバレになるかもしれませんが
鑑賞前の思い込みの内容と
クレジットに書き出された主題と作品に対する
私的なズレについてです。







あらすじからてっきり
 いじわるな教師に対する対抗策は
スタンリーが空のお弁当箱を用意して
登校前に友達がそれぞれのお弁当から
わけてあげて、「ほいっ友達作戦弁当完成!」と
なると信じ込んでいました。

実際、彼が手にしたお弁当箱はある意味正攻法な
ものであるとともに、あまりにせつない味だろうと
目頭がよよよっと

映画の最後に
児童就労の問題がこの映画の主題と
クレジットにあり、映画の収録方法は
毎週土曜日に学校に子供たちを集め、映画の
ワークショップとして製作されたとの
ことで子供たちは一日たりとも学校を
休まなかったと強調されてました。

自然な表情が撮れたことは賞賛すべき
でしょうが、インドにおける児童就労の
状況が説明された後では
では、この子たちの映画出演は、
正当な労働としてふさわしい報酬を払ったのか
それともワークショプのボランティアとしての
参加なのか、この点に関して言及がないのが
どうにも気になりました。

アモール・グプテ監督&パルソー君「スタンリーのお弁当箱」インタビュー



スタンリーのお弁当箱 [DVD]スタンリーのお弁当箱 [DVD]
(2013/11/29)
パルソー、デイヴィヤ・ダッタ 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

テーマ : 最近見た映画
ジャンル : 映画

映画 Stand by Me ドラえもん

相方が「観たい!(=ドラ泣きしたい)」と駄々をこねていたので、
Stand by Me ドラえもん 3Dを観に行ってきました。

  • ドラえもん.jpg


感想:これ、子どもに見せていいの?
   ↑お嫁さんの選択肢は広く持とう!
      (静香ちゃんはとても良い娘だけれど)
   ドラえもんって、こんな話だった?
   →思い出すに自分はコミックもアニメもろくに見たことがない
   3D映像は見応えがあった!
   妻夫木君の声の演技は予想以上に上手だった。
   まさかドラえもんで”腐”な瞬間みるとは思わなかった!

結論:ドラ泣きできなかった!
     →いや、2ヶ所ぐらいはウルってきたけれど、、、
   連続ランキング1位だったのが理解できない

相方:「いやだ、いやだ、汚れちまった大人だね〜君は、、、」
私:「ふんっ! そっちは思いっきり泣けたんかい?!」
相方:「・・・・一瞬しか涙腺にこなかった・・・・」

テーマ : アニメ
ジャンル : 映画

映画 スタートレック

スタートレック イントゥ・ダークネス を観に行く前に
どうしても前作が見たくなってレンタルしてきました。

以前に観てはいたんですが (前回の感想はこちら)

自分で書いた感想ながら
「私はStar Warsのファンなんだから!」っと
スタートレックにひよらないよう警戒心ありあり
状態でした(笑) 

そして今度はまっさらというか
JJ・エイブラムス監督の印象が
右上がり状態で二年半振りに見た同作品
 
 とっても新鮮でした!

冒頭にカークとスポックの生い立ちが
交互に描かれて二人の対照的な性格が
鮮やかに浮き彫りにされていく
導入部にワクワク

⇒カークの出生時の話は覚えてましたが
スポックがバルカン星人と地球人のハーフ
だったってのはすっかり忘れていて ア然!

感情を露にするのは普通の地球人と
感情を抑制し論理的行動のみをよしとする
バルカン星人
その相反する考え方の中で
彼がどのように育っていったのかを
みせることで後半のスポックの行動に
説得力がありました。

カークはまだまだやんちゃ坊主の領域で
カンは冴え渡るけれど 危なっかしくて
みてられない!

そんなんでドク・マッコイの
ナイスというか「ええ、それって力技!」
というフォローが入って
実はドクファンの私はニマニマしてました。

お話を総括すると 若きカーク船長見習いと
愉快な仲間達(エンタープライズnewクルー)との
結成談!

クルーそれぞれの見せ場も十分に楽しめました。

  • スタトレ.jpg




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画 ローン・レンジャー

8月の頭に観ていたのに放置してました。

ジョニー・ディップ、アミー・ハマー主演
ローン・レンジャー!

レディースデーでもあったせいか
観客はほとんど女性で一杯でした。

感想は、、、、
う〜ん レビューを長らく放置したとおり
あんまりといいますか
見せ場はそれはもうスケール大きく
アクション満載
冒頭のシーンなんて

ビバっ! 西部劇復活!!!!
騎乗からのガンアクション 万歳!
 いえ〜イ 投げ縄!投げ縄!
とガ〜〜っとテンションがあがり

ラストのウィリアム・テル序曲にのった
列車アクションも超ド迫力!

トントとキモサベ
 (←銘々の理由に関して大爆笑!トントに同意です)
のデコボココンビも楽しいです。 だけど〜

以下はちょこっとネタバレになります。


なによりも

凝った構成 
 一人の少年が見世物小屋で年老いたトントらしき
 老人の人形?人間?の話を聞くというのが
生かし切れていなかった気がします。
せっかくエンドロールまでいくのに、、オチなし

西部開拓史の一端でありながら
 あまり(西部劇として)脚光をあびてなかった
大陸横断鉄道始動の裏舞台を描いたのは
すごくよかったと思うのですが

ドロドロな復讐劇と
期待度マックスのトントとキモサベの
 コミカルな掛け合いが
文字通り ぶつ切りに
 行ったり来たりするのが痛い!

はいっシリアスパート
 あっここからお笑いパートです。

とお皿を変えられても
 中途半端さが舌にのこって
 消化不良でした。

  • ローン・レンジャー.jpg





テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画 パシフィック・リム

お世話になっているやじさん上総んさん保証の
パシフィック・リム 早速 観てきました!

イェーガー(ドイツ語で狩人)なるロボットと
KAIJUの肉弾戦!
ガッシャンガッシャンとド迫力で
楽しかったです。
全シーンではないですが
ピル壊すところなんか
懐かしき特撮ミニチュアに
CG加工を加えていて(←多分)
迫力満点な一方
そこはかと懐かしい感じがしました。

戦闘シーンの音楽がめちゃくちゃカッコ良くて
こちらのテンションもあがりまくってました!

とかいいつつ 実は私 昔っから
ロボットアニメは大好きながら
戦闘シーンってのは眺めてるだけで
スルーしてしまうので
”決め技”があるのかないのか
わからん今作の戦闘シーンは
ちょっと長いな〜と感じたのも事実

じゃあロボット物でどこに魅力を見いだすかと
いうと 登場人物の描写や人間関係なんですが

今作では主人公がバトルシップのような
イケイケのカーボーイタイプではなく
挫折を経験してシブク成長している雰囲気が
でてたんで良かったのですが、、、

イェーガー(ロボットの名称)でのパートナー選びの
最大のネックが”相性”だって説明されているのに

ヒロインとペア決定する過程が単に
”強い”から程度のエピソードしか
入っていないので せっかくの設定はどこにいった〜
と心の中で叫んでました。

初のテスト試乗でのトラウマ云々も
いきなりじゃなくてシュミレーションシーンなどを
入れて ⇒問題なし⇒実際に操作 ⇒緊急事態
だったら
司令官がおばかには見えなかったはず

ヒロインの菊地凛子さんはとても
がんばってました。色々なきにしも
あらずだったけれど
位負けしていない堂々とした姿はカッコよかったです。
ただ日本語の台詞のヘロヘロぷりはやはり気になりました。
 育ての親が◯◯◯だから
日本語のアクセントが怪しいという裏設定があったのかしらん?

芦田愛菜ちゃんは
はたして今後ハリウッド作品の中での需要が
あるかなしかは別にして
愛くるしさを売りにはできない
泣き叫ぶシーンで堂々と
ハリウッドデビューを飾ったというのは
やはりすごいな〜と思いました。

そしてネットでも取りざたされてましたが

リアルというか実写版
進撃の巨人!的なシーンもここかしこに
あ〜 喰われた〜とか
さらには人類補語のため壁建設?!
イェーガーも”進撃の〜”主人公エレンの名字と同じ♪



  • パシフィック・リム.jpg
  • パシフィック・リム2.jpg




テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画 終戦のエンペラー

せっせとためこんだマイカルシネマズのポイントカード
(6回観ると1回無料)の期限が明日にせまり何を観ようか
色々悩みようにも話題作はほどんど8月公開

選択肢がないに等しい中、「風立ちぬ」に心惹かれながらも
ヒアリングマラソン受講中の身として、
2時間のヒアリング時間をかせぐために選んだ
「終戦のエンペラー」
多分ハリウッドが描くのだからトンデモ日本が描かれるのかなと
期待ゼロで観に行ったのですが、、
とても見応えのある作品で、かつ勉強になりました。

  • Emperor.jpg


〜あらすじ〜
  1945年8月30日、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の司令官としてダグラス・マッカーサー元帥(トミー・リー・ジョーンズ)が日本に上陸。彼は日本文化に精通している部下ボナー・フェラーズ(マシュー・フォックス)に、太平洋戦争の真の責任者を探し出すという極秘任務を下す。わずか10日間という期限の中、懸命な調査で日本国民ですら知らなかった太平洋戦争にまつわる事実を暴き出していくボナー。ついに最大ともいうべき国家機密に近づくが、彼と敵対するGHQのグループや日本人たちの一団が立ちはだかる。


敗戦後の日本の処遇と新しく輝かしい敗戦国復興の絵図を
手土産に大統領選もみすえているマッカーサー元帥の思惑のもと
主人公ボナ・フェラーズは太平洋戦争の責任者、ひいては
日本国民が”神”と崇拝する天皇が戦争責任を負うのか否かを
明白にしなければならないというサスペンス感が
ぐいぐいと物語を引っ張っていきました。

日本政府要人に
天皇が戦争責任に対して有罪か無罪かを
明白にしようと尋問を続けるフェラーズに
返されるそれぞれの言葉は
明言をさけるのとは違う
 曖昧ながらも毅然とした
二分割では決してくくれない世界

これが我が国なのだと
日本の戦争責任容疑者、関係者が
それぞれの言葉、態度で
語る描写が日本の俳優陣の名演もあって
とても丁寧に描かれていました。

確かに大統領=国の絶対権力者、orderを出す存在である
アメリカ人にとって
天皇とは絶対権力者であるはずなのに
明らかなことが分かるどころか
白黒がまさしく入り交じっていくのは
理解の範疇を超えていくことだと思いました。

そしてこの映画は
相容れない世界があることだけを
いぶりだしていきます。

 これって以前のハリウッド映画では
   考えられないことだなと思いました。

映画であるから当然 史実とフィクション入り交じり
真実は窺い知ることのできないものではありますが

 天皇との面会直前、マッカーサーがフェラーズに
「神と呼ばれる存在にいったい
  どんな言葉をかければいいのか」とつぶやきます。
 それはジョークとも、
 もしくは本当に緊張していたのかもしれない
 まさしく曖昧で不可思議な感情が
 いかな占領軍最高司令官の身にも
 うずまいていたのかもしれないという興味が
 トミー・リー・ジョーンズの素晴らしい演技に
 よってわいてきました。


 まさに歴史の瞬間を映し出した昭和天皇とマッカーサーの
 ツーショットの写真

 この面会において”全権”を手にしていたか否かを別として
 まさしく天の存在として在った自身が
 敗戦国の”人”として、あの場に赴いた昭和天皇の想いの重み
 がすごく胸にジーンときました。
 

 と手放しでほめてますが 
 色々勉強不足な私が気づかないトンでもな
 描写もあったかと思います。

 そしてどうしても捨て置けない疑問点が一カ所
 日本人は敬意を表すためにかつ殿上人に対して
 目を合わせるのは失礼なため(ここまではいい)
 通り過ぎる”人”に対して直立不動で
 背中をむけて敬意を払うっていうのが
 「なんだそりゃ?」だったのですが、、
 敬う相手に対してお尻むけていいの?
 あれが不思議でした。
 メイキングでも堂々とその話していて
 変に思う私がおかしいのかな?

主人公と日本人女性のかなわぬロマンスが
描写されますが、、、いらない!!
と思ってしまった私は少数派かな? 

彩りをそえるのはとてもいいと思うんですが
どうせなら
竹林で
「ほ〜ら捕まえてごらんなさ〜い
「よ〜し捕まえてみせるぞ〜〜」
なんて映像を二度も流すより

恋愛を足がかりにしたとしても
フェラーズ自身が日本という国にどれほど
関心を深めっていったかを描写したほうが
知日家としてマッカーサーから命をうける
説得力が増したと思いました。

ごめん、少女マンガ体質ではないわたし、、、

  • 終戦のエンペラー.jpg

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画 パコと魔法の絵本

昨夜の深夜から未明にかけて地上波で放送されていた
『パコと魔法の絵本』
寝る直前にたまたま見かけて、
結局最後までみてしまいました。

映画公開当時もかなり話題になっていたので
気になっていたのですが、
『下妻物語』や「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督の
一見 毒々しいまでの極彩色の画像にあてられて
遠回しにしていたのをすごく後悔しました。

役所広司、國村隼、加瀬亮、上川隆也、阿部サダオ、妻夫木聡、
劇団ひとり、小池栄子、土屋アンナ他

渋い演技派もくだけた面々も天井知らずの
ド派手な衣装とメイクでのはっちゃけまばゆく
毒々しいファンタジーの世界なのに
胸がジーンとしてきて目頭が熱くなってしまいました。

  • IMG_0767.jpg


 『パコちゃん おめでとう! 今日が君の誕生日だよ』


そういや私も今日が誕生日でした♪

 
  • IMG_0766.jpg


 スイーツの選択と果物の鮮度の見分けが抜群に
 よろしい相方が買ってきてくれた
 シュークリームケーキ♪ 絶品でした♪

相方「お店の人にローソクおつけしましょうかって聞かれたけど欲しかった?」

「そんなものはいらん!」


テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

映画 宇宙人ポール

英国からはるばるアメリカまでオタクワクワクの
旅を満喫しようとやって来たクライブとグレッグの
親友ふたりは、コミケとUFO名所巡りの旅の
最中に正真正銘の宇宙人に遭遇!

ポールと名のるその宇宙人の存在を
ケビンはすんなり受け入れたものの
未知との遭遇の瞬間気絶してしまったクライブは
友好の時に出遅れたせいか、
沸き起こる予想外の出来事に
気後れをしながらも

変に地球なれしてすれている
ポールの頼みをかなえるべく珍道中開始

いい具合に旅の友も増え、
お約束の謎の機関からの追跡チェイスも織り込まれてますが、
これまたほどよく友情ネタや個人の世界観を広げる冒険とか
もりこまれていてバランスのよい作品でした。

もちろんあのSFファンタジー映画のパロあり
あの人にこの人のカメオ出演ありとお楽しみも
満載でした。



宇宙人ポール [Blu-ray]宇宙人ポール [Blu-ray]
(2012/12/21)
サイモン・ペッグ、ニック・フロスト 他

商品詳細を見る

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
ジャンル : 映画

映画 ヤングシャーロック/ ピラミッドの謎

シャーロック・ホームズ人気が半端ない状態で、
wowowも御多分にもれず、シャーロック・ホームズ特集で
実に懐かしい映画もやっておりました


ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]ヤング・シャーロック ピラミッドの謎 [DVD]
(2007/10/26)
ニコラス・ロウ、アラン・コックス 他

商品詳細を見る


1985年制作 1986年日本公開 
おほほ〜劇場でみておりますわっ!(開き直り)
監督はこの後にレインマンでアカデミー監督賞を
受賞したバリー・レビンソン監督ですが
公開当時は"スピルバーグ総指揮”というのが売りだった記憶が、、

物語はタイトルの通り
シャーロック・ホームズの若かりし頃
乙女心をくすぐる寄宿学校での
ワトソンとホームズの出会いと
連続自殺事件の謎を解く冒険活劇です。

そしてその冒険の顛末が
まあ頭は切れるんだけれど、
まだまだ、ただの頭でっかちで
どこの学校にも一人はいそうな
ヤング・シャーロックが
あ〜んなエキセントリックな(←脳内はもうカンバーバッチ)
性格の名探偵になっちゃたのね〜という展開です。

それに主役のシャーロックを演じるニコラス・ロウ
当然ですが背がとっても高く、
ひねたらカンバーバッチですかという風貌に
見えなくもなかったです。

ワトソン君はハリセンボンのはるなちゃんでした。

そしてヒロインとしてシャーロックのガールフレンドが
いるんですが、寄宿舎でそんなべったりでいいんかい?と
以前観た時に全然気にならなかったことが
カンに触ってしまいました。

物語の鍵をにぎるレイス教授はフェンシング披露して
くれて良い雰囲気でした。

モリアーティ教授も最後の最後に登場し
続編が期待されましたが そのまま

公開当時は最新のSFXも注目すべき点でした。
今観るとほほえましい演出ではあるのですが
冒頭のステンドグラスから飛び出してくる騎士や
帽子掛けの飾りのガーゴイルが動き出すシーンは
技術が追いついてない分、
演出する側の創造力の豊かさが素晴らしくて
特殊撮影の神様ハリー・ハウゼン御大の作品を
観るような心にき〜んと響くシーンでした。

残念だったのがワトソンが幻覚を観るシーン
彼は大の甘党で お菓子に顔があり手足が伸びて
襲ってくるシーンはこの作品で一番楽しみなシーン
だったのですが、、、ちょっと寂しかったです。

さてこのヤング・シャーロック なんと
リメイク決定だそうです! 
『ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎』リメイクへ

キャリーもリメイクだと聞きますし
新たなネタ探しもしんどい時代なのでしょうね。

テーマ : WOWOW/スカパーで観た映画の感想
ジャンル : 映画

映画 テルマエ・ロマエ

wowowでの放送が待ちきれなくて
ブルーレイ借りて観たのですが、

古代ローマの街の様子や
肝心要の浴場、
そしてお顔の濃ゆい方たちを
見事に揃えたってことには
賞賛を贈りました!

ただ、お話は原作エピソードを
ギュウギュウに詰め込んだ
幕の内弁当状態で、
原作の
「古代ローマだろうが、
平たい顔族の国だろうが、
ビバっ お・風呂!」
という強いテーマが感じられなくて残念!


テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤テルマエ・ロマエ Blu-ray通常盤
(2012/11/23)
阿部寛、上戸彩 他

商品詳細を見る

テーマ : DVD・Blu-rayで観た映画
ジャンル : 映画

映画 アベンジャーズ

お正月なんだからド派手な映画をとアベンジャーズ(字幕版)を見ました。

マーベルコミック映画化で見ていたのはアイアンマンシリーズのみで
はるか昔にTV版ハルクにはまった程度の私めには 
「あ〜、映画館で見なくって良かった」というのが第一印象でした。
特に中盤

簡潔なそれぞれのヒーローの登場と紹介はテンポが良かったのですが

一同そろって、はい仲良くねってわけにはいかないのがわかっちゃいるけど
面白い! はずが
ま〜皆様 おこちゃまですかという次元でごちゃごちゃ言い合いにあきて
うっかりコーヒーをいれるために中座する始末

S.H.I.E.L.Dご自慢の空飛ぶ空母は簡単に敵の急襲を許して破損、潜入されるしで
「う〜ん 使い物になるのかこの人達」と心配しましたが
タヌキ親父二人の文字通り”死”を賭けたしらじらしくも
真剣な『分っかるだろ〜』と言わんばかりの小芝居に
『分かった』とだまされた振りで
結束していくヒーロー達には 『そうよっ! みんな大人なんだからねっ』と
テンションが高まりました。
 あっでもアベンジャーズの良心キャプテン・アメリカは本気で受け止めた模様
(しかしトレーディングカードまでだしてきて、どこまで儲ける気だマーベル!)

クライマックスの地球外生命体との戦闘シーンは
さすがに見応えがあり 中盤にだれていたのが
ビリッとしまって帳尻があってくるところが
ハリウッド映画らしいな〜と一人感心していました。

けれど、この人達って戦闘に夢中で逃げ惑う一般市民に”ほとんど”
注意を払って い・な・い! 
『ビルを攪乱目的でつぶすんじゃありませ〜ん!』とか

アベンジャーズの青い良心キャプテン・アメリカは気遣っていたけれど
一般市民を地下に誘導せよって『それはやっぱり危険じゃないのかっ???』

などなどツッコミ満載!

では各ヒーローの皆々様に対するツッコミ、時に賛辞を

お話の発端はどうやら血の気の多い神様ご兄弟お二人の
壮大なる兄弟ケンカが発端のようで

神様なのにみんなから鉄拳くらってばかりいる
お兄ちゃんソーに対しては
『あなた、弟に対して甘過ぎるよっ。しっかりせいっ』と
思いつつも

その弟君ロキはといえば、お顔は『グラディエーター』の悪役コモドゥス帝ばりに
エキセントリックな迫力なのに言動、行動がどうにも困ったちゃんで憎めない(爆)
というよりむしろ『可愛いな〜』と思ってしまう自分におばさん度が年々倍増しているのを感じました。

アイアンマンこと我らがスターク社長はアーマーぼろぼろっになりながらも
舌鋒の鋭さは相変わらずのマイペース振りが素敵過ぎでした。
ロキを眼前にして一席ぶつ場面はもう本気で脅してんだか吹かしているのか
わからないぐらいのキレっぷりが好きだ〜

アベンジャーズの良心 キャプテン・アメリカはなんか青い姿に
ソーの雷ハンマーもたせたら幻想水滸伝の青雷のフリックじゃないの?
(そういえば吹き替え版のゆ〜きゃんはフリックもCDであててた!)
というぐらい面倒ごと抱え込んで貧乏くじひきながら真っすぐに
頑張ってる姿に涙が、、、
 予告見てぜったいに観ないと思っていた本編を見てあげようかな?
と思う位に株があがりました。

己の身のうちに緑の巨人をひそませた超人ハルクことブルース博士の
TV版しか知らない私はハルクがきちんとした自我持っていて
人を傷つけないと思い込んでたので 制御不能の怪物を飼っているって
あまりに世を儚んだやさぐれっぷりには心が痛む以前に
空母の中でのあまりのブルース博士の存在感の薄さに本人登場しても
『これ誰?』といった体たらく。

色香も腕力もばっちりなブラック・ウィドーには
「やっぱり戦う肉食系女子はカッコいい」とうっとり

冒頭うっかりロキの洗脳を受けちゃうというマイナス地点から
スタートのホーク・アイ! 
『えっMI:ゴーストプロトコルのジェレミー・レナーじゃん(ハート)』
ということで  洗脳がとけた後半、
数少ない生身の人間ヒーローの超人的弓さばきを披露し活躍する以前に
『ボーン・レガシー借りてきてみるからねん!』
とハートを高鳴らせていました。

総論:いや〜結局楽しかったです。



アベンジャーズ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]アベンジャーズ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
(2012/12/19)
ロバート・ダウニーJr.、クリス・エヴァンス 他

商品詳細を見る


世界を救うために集められた最強のヒーローによる禁断のプロジェクト!

<ストーリー>

ひとつになるには巨大すぎる力。彼らは地球を救うのか、それとも―。

地球戦略のカウントダウンが開始された時、人類の未来は、≪最強≫の力を持つ7人のヒーローたちに託された。そのメンバーは、戦う実業家“アイアンマン"、神失格の男“ソー"、超人ソルジャー“キャプテン・アメリカ"、魔性のスパイ“ブラック・ウィドウ"、苦悩の科学者“ハルク"、地上最強の射手“ホークアイ"、そして孤高の司令官“ニック・フューリー"。まさに究極とも言えるこの最強チームは、≪アベンジャーズ≫と名付けられた。
だが、意思に反して集結させられた彼らは、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明かされる≪アベンジャーズ≫の知られざる過去と苦悩・・・。そしてついに、人類が未だかつて経験したことのない最大かつ最強の敵が現れる。はたして彼らは地球を救うことができるのか?それとも・・・

テーマ : DVD・Blu-rayで観た映画
ジャンル : 映画

映画 SPEC 天

TSUTAYAより無料クーポンをもらってレンタル!

『SPEC 天』
 もうこの作品はストーリーがどうのこうのって
考えるものじゃなく、ただひたすら映像に集中して
各自の楽しみを見つけるってのが良いのじゃないでしょうか?

実際 話が無事集結を迎えるわけじゃないし、
世界観が広がるというかあっちこっちへと膨張していくのは
未証事件のお約束! 

あまりのふくらみ具合に突っ込みどころを探すよりも 
自分が物語のどの点に反応するかを
分析することに集中して楽しく見れました。

登場人物で言えば 
世代的にやっぱり浅野ゆう子さんのマダム陰・陽
元祖トレンディドラマの女王! 
  しかしそのネタ 若い子は理解できないと思いまする、、、

ファッション(?):
 女性の髪形の実に多彩な演出の数々! 
風になびく長髪の女性(当麻)の髪を
あんなぶっさいくに演出してしまうなんてさすが堤監督

かと思えば 
再び浅野ゆう子さんの顔の真ん中にもってくる髪型は
『こんなバブルのなごりを残す役申し訳ございません。
              でも大ファンなんです』と
いったスタッフの心の彼女に対する尊敬と申し訳なさが
にじみ出ている気が
 (私だけか? そんなこと考えるのは?)

さらには
予告編でもやっていた栗山千明さんのトゥーハンドの
鮮やかな銃さばきの瞬間の美しくたなびく髪
 うつくし〜〜〜

演出: 
ファティマ第三の予言をマンガ調のイラストで見せたり
爆発やフラッシュバックのシーンに思いっきりアニメーションの
手法(私にはそう思えた)をバーンともってくる
思い切りのよさがすごいな〜と思いました。
 どれほど予算をさいてCGを使っても日本映画の予算では
悲しいかな底が割れる映像しか作れないことを
よーく理解されてるんじゃないでしょうか

声:
 顔をふせておく登場人物達が多いせいもあるかもしれませんが
全体的に声の響きが実に良い役者さんを使っているばかりではなく
平田広明さん(タイガーっ)のお顔がちらっと見えたのが嬉しかった!


できれば何度も見返して気づいてないネタの数々を
抽出したい作品でした。
 絶対しないけれどン♪




【ストーリー】
最強の敵。仲間の死。そして全ての謎に終止符が打たれる。世の中には通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力(=SPEC)を持った人間が潜んでいる。もし、そのうち何パーセントかの特殊能力者が、その能力を悪用しているとしたら…。通常の捜査では解決できない特殊な事件を専門に扱う部署[警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係」通称"未詳(ミショウ)"。特別捜査官の当麻紗綾(戸田恵梨香)と瀬文焚流(加瀬亮)の元に「ミイラ死体殺人事件」のニュースがもたらされる。これはスペックホルダーによる犯行なのか?事件はやがて国家をも揺るがす大事件となっていく。シンプルプランとは?ファティマ第3の予言とは?その時、当麻の左手に激痛が走る!

【解説】
世の中には通常の人間の能力や常識では計り知れない特殊能力(=SPEC)を持った人間が潜んでいる。もし、そのうち何パーセントかの特殊能力者が、その能力を悪用しているとしたら…。/警視庁公安部の特別捜査官が、特殊能力(=SPEC)を持った犯人に立ち向かう。そんなハードで謎に満ちたストーリー展開とSFの要素を加えた斬新な映像表現で多くの視聴者を虜にした「SPEC」がスクリーンに登場。戸田恵梨香と加瀬亮の“キレキャラ"コンビや、オリジナリティあふれる堤幸彦監督の世界観も健在。新たなSPECを持つ強敵が登場し、さらなるスケールでバトルを繰り広げる。最大の謎が、ついに明らかになる!

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ホビットとワトソン

王様のブランチの映画紹介を見ていたら
映画ホビットの紹介がありましたが、
出演者の紹介で
 マーティン・フリーマンという名前に
ひっかかり、
「えっ聞き覚えのある名前、、、」
そして顔を見ると
 人が良さそうで、ちょっとたれ目のお顔
「?見覚えがあるぞ〜 この顔は、、、」

映画、ドラマ

(ガンダルフ様の方がおっきい!)

 「あ〜〜〜っ SHERLOCKのワトソン」

 なんと主人公のビルボ・バギンズ役ですって奥さん!
知らなかった〜 これで観に行きたい気分20%くらい
急上昇しました。
 
 「ホビット(小人)と他のキャラクターとの身長差を
 表現するのに演技の上で苦労はなかったですか」という質問に

 I'm short. とあっさり答えながら
『もともと僕は小さいから自然体で大丈夫だったよ』
 って雰囲気で笑いをとるところがチャーミングでした。

 しかし地声というか予告の中のフリーマンの声って
 SHERLOCKで声を吹き替えていた森川智之さんがコミカルな役
 演じる時のトーンにそっくりで超感動してました!
 トーンというかリズムがぴったりで
 吹き替え版 森川さんがアテてないかと思って調べたら
 アテてました===! どうしよっ 字幕版に行くべきか
 吹き替え版か、、、

そうそう
 ”ホビット”とくると当然”ロード・オブ・ザ・リング”が
思い出されますが
映画の第三作目を映画館で観た時に手痛い思い出があります。

 映画公開も残り2〜3日しかないという状態で
いつもなら最終の上映時間(1,200円で観れる)に映画を見にいってたのですが
その時は夜に時間がとれず、朝一(この時間も1,200円)の上映を
相方と一緒に観に行きました。


しか〜し
朝一で3時間にも及ぶ映画観るということを
甘く考えていた私たち
”睡魔”という悪の洗礼を受けたんです。

途中、うたた寝してしまった相方
エルフの王様?がご登場の瞬間に目が覚めて
 「俺は指輪物語を見に来たはずなのになんでマトリックスみてるんだ〜!」
とパニックになり、隣の私にボソボソ話しかけるし
(注意:エルフのエルロンドはマトリックスのエージェントスミスと同じ役者さん)

フロドが苦しみ葛藤して”なかなか指輪を捨てれない”
クライマックスのシーンで
あまりの『睡魔』ゆえに
 「ばっかも〜ん! とっとと指輪捨ててしまえ=!」と
夫婦そろって不届きな心の叫びをあげ
感動のシーンもなにもありませんでした。

教訓: 朝一番に映画を観る時は、前の晩にはせめて日付が変わる前に寝ましょう!

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

映画 推理作家ポー 最期の5日間

今日はレディースデーなので
 思いたって朝一
『推理作家ポー 最期の5日間』を
         観てきました。

  • 推理作家ポー.jpg


〜 解説〜
世界初の推理小説家とも言われる偉大なる作家にして詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳の若さで亡くなったその死には今なお多くの謎が残され、様々な議論の的となっている。本作はそんなポーの謎に包まれた最期の日々に焦点を当て、彼が自身の小説を模倣する猟奇殺人鬼との壮絶な頭脳戦を繰り広げていたという大胆な着想で描くゴシック・テイストのサスペンス・ミステリー。


ポーの数々の作品を元にして
 次々と殺人を繰り返すコピーキャット(模倣犯)と
 ポーとの血塗られた知的ゲーム!

ポーの作品は「モルグ街の殺人」「黒猫」
「アッシャー家の崩壊」ぐらいしか読んでいませんでしたが
十分楽しめました。

困窮生活に加え愛する者達を次々と失い
薬物や酒に溺れた日々を過ごすポーの
詩人、文筆家としての矜持の高さと
狂気じみた凄まじさが
冒頭の酒場のシーンでの
 酔漢達と罵りあいで炸裂します。
その一方で ポーが口にする言葉の豊かさは
 求婚者に向かうときは情熱の深さを導きます。

話の進行はさすがのR15指定で
 惨殺されたむごたらしい死体の数々や
 殺人のシーンが続き
 中盤にして 
「いったいあと何人の死体観るんだろう」と
いいかげん辟易してきましたが

終盤は話が一気に引き締まってきて面白かったです。

犯人探しの醍醐味に加え カットの数々に
さりげないミスリーディングを含ませていました。

以下『』部分はネタばれとまではいかないでしょうが
念のため 反転にしておきます

犯人の殺人動機はスティーブン・キング作のミザリーの
 さらなる進化形というのが推理小説の祖と言われる
 ポーにふさわしく、
 また創作の世界と物語が現実世界に逸脱することに
 明確な線引きがされているのも気が利いていました


出演陣では ジョン・キューザックしか知らず
あまりの額の後退具合にはらはらするだけじゃないかと
思っていましたが

収穫が!!!!
  • フィールド刑事.jpg


ポーに捜査の協力を頼むフィールズ刑事
冷静沈着で論理的、でも部下が危機に陥れば
真っ先に駆けつける熱い男、
 ポーに対しても
紳士的な態度で捜査協力を求め、
時に励ます姿に人間性の豊かさが
あふれていました。

演じるは英国俳優のルーク・エヴァンス

かっこ良くて信頼感あふれる力強さ!
ケープ付きコートは男の戦闘服でした!

しかしエンドロール直前の
音楽とPV映像はメタリック、メタリック
していて興がそがれました。

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

ドラマ パーフェクト・ブルー

宮部みゆき原作 「パーフェクト・ブルー」のドラマ化
 とっても楽しみにしていたのですが、、、

なんかガタガタなお話でした。

多分 続編の短編集「心とろかすような─マサの事件簿」からの
 エピソードでつないでいき
「パーフェクトブルー」の話を最終話の
クライマックスに用意していくのでしょうが
 こっちの話も加代子視点ですすめるのか?


あんな無理やりに”作り上げた”コテコテのお話で
 さもさも 人の心のせつなさ、やりきれなさが
にじんでいたような台詞がでてきて、吹いてしまった。

 とまあ 視聴についやした時間を返してください!
といいたくなるドラマについてなんで書いてるかと言うと

 元警察犬のマサのお耳が 
  内側に向かって立っているってのが
 とっても新鮮で目が釘付けだったからです!
 シェパードの耳ってああいった形なんだ!

シェパード


 ↓ こちらのwowow制作版(2010年)は面白かった!




テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Lake Moraine

Author:Lake Moraine
Lake Moraine Book Cafe へようこそ!
タイトルのLake Moraine(モレーン湖)は20ドル札の絵柄にも使われているカナディアンロッキーにある美しい湖からとりました。
お気に入りの場所でゆったりとくつろいで好きな作品の話を楽しんでもらえたら嬉しいです。

最新コメント
カテゴリ
最新記事
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
My Booklog
レビュー間に合わない分はここに!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。